管理会社の変更

不動産収益物件の管理先を変えるだけで、月々の収入が増えるとしたら、一考の価値があると思いませんか?

しかも、「管理体制は今までと同じか、それ以上のサービスで対応してもらえる」という条件であれば、『変えなければ損』という話になってきます。

 

このページでは、管理会社見直しの必要性と、変更に関する知得情報をまとめています。

一読の価値があると思いますので、お気に入り登録等をして少しづつ読んでいただければ幸いです。

 

不動産管理会社の見直し

収益が出ている物件では、不動産管理会社を見直す必要性を感じる事は無いかもしれません。

しかし、賃貸経営も一つの経営ですから、少しでも利益を増やすことを考えるべきです。

その努力や工夫は、必ず早期返済や将来の設備投資に繋がっていくからです。

 

今増やせる利益を放置するのは、大きな機会損失になります。

仮の話ですが、目の前に差し出された1万円をゴミ箱に捨てる人はいませんよね?

 

でも、管理会社を変えて月に1万円の利益が増える事実がある場合、これと同じことをしていることになります。

取れる利益を手にしないのは、ゴミ箱に捨てているのと結果が同じだということです。

 

管理会社を見直す必要性を感じるお話だと思いませんか?

 

見直しの相談をしてみよう!

お問合せフォーム又はお電話(042-319-2385)で、現在お持ちになっている収益物件の地域と管理料金等をお聞かせください。

オーナー様が行うことは、ひとまずこれだけです。

 

後は、㈱TOMIより、今後のプラン等について具体的なご提案をさせていただきます。

ご提案内容についてご納得いただけましたら、変更手順等をご説明し、できる限り当方にて手続きをさせていただきます。

 

ビフォー アフターの具体例

例えば、収益物件としてマンションを所有しており、これが全30室だとしましょう。

賃料が全室5万円で、月々の管理料金が賃料の10%だとすると、管理料金は以下のようになります。

(50,000円×10%)×30室=150,000円

 

仮に、これが同条件下で6%になる場合、以下のようになります。

 

(50,000円×6%)×30室=90,000円

 

なんと、毎月6万円も収入がUPしました!

年間にして、72万円もの差が生れるますので、本当に大事な部分ですよね。

物件条件によっては、更に低率での管理が可能な場合もありますので、お気軽にお問合せください。

 

管理料金について

一般的な不動産管理の相場は、「賃料の10%」と言われています。

これを、各管理会社の努力等によって、低率化して競争するわけです。

 

大きな会社では、人件費や事務所費用等のコストが大きい事情があり、あまり管理料金を下げる事ができません。

また、本来なら物件の築年数によって料金も変動すべきなのですが、慣習的に一律料金となっている傾向があります。

 

TOMYの管理料金体系

㈱TOMYでは、築浅物件については、管理料金を大幅に低率化することが可能です。

この理由は、築浅の物件は、古い物件に比べると手間がかからない事が多いからです。

 

しかし、管理会社の多くは、慣習的に一律料金で委託契約をしている現状があります。

私達は、このような相場の不均衡を正し、手間がかかるようになった時点で管理料金の調整をお願いするように心がけています。

 

㈱TOMYでは、お預かりした時の築年数によって、妥当な管理料金をご提案させていただきます。

築浅の収益物件の場合、5%前後まで低率化できるケースもございますので、お気軽にご相談ください。

 

TOMIの物件管理料

築年数や管理状況等に合わせ、賃料の3~8%でご提案させていただきます。

 

管理会社変更の流れ

step
1
管理料の提案を受ける

お問合せいただいた物件に対して、今後の管理料金についてご提案します。

TOMYでは、収益物件の築年数に合わせて、賃料の3~8%でご提案させていただきます。

 

管理内容(管理項目等)についても、この時に詳細をお伝えします。

特記させていただきたい点としては、入居者と実際に接して顔を覚えるくらいのつもりで管理をしているという部分です。

 

現在の管理先よりも良いとご納得いただけた場合、次のステップに移ります。

 

step
2
管理委託契約の締結

弊社との管理委託契約を締結させていただきます。

この際、重要事項の説明を行った上で、契約書を作成させていただきます。

 

従前の管理会社がある場合、契約の前後でオーナー様から連絡を入れていただくこととなります。

資料の移管等を伴う場合には、できる限り当方で手配いたしますので、お気軽にご相談ください。

 

step
3
入居者への通知

入居者に対して管理会社が変更されたことを通知させていただきます。(管理会社変更届)

この手続きについては、TOMYで全て代行しますので、ご安心ください。

従前の管理会社とのやり取りが必要な場合も、できる限り弊社で対応いたします。

 

以降、振込みされた賃料について月次報告書を作成し、オーナー様口座へ入金する流れとなります。

月次報告書については、メール又はFAXにて送付させていただきます。

 

 

管理移行に必要な期間

一般的には、お問合せから約2か月後の切り替えとなるイメージです。

オーナー様のご都合等によっては、更に早めることも可能ですので、個別ご相談ください。

 

TOMYに変えるメリット

売買も得意なので、提携しているオーナー様には、仲介手数料の面で割引きさせていただきます。

賃貸物件のオーナー様の中には、相続で受け継いだ土地や、既存物件の売却をされる方がおられます。

 

このような売却物件のお手伝いについて、仲介手数料を割引することで、売却時のコストが大幅に削減できます。

管理費用がコスト削減できる上、仲介手数料でも数十万円分の削減ができるわけです。

 

㈱TOMYに物件を託すメリットと考えていただければ幸いです。

 

管理会社を変えてみたい

※提案を聞いてみたい方はコチラへ!

Copyright© 不動産管理と不動産売買のTOMY , 2020 All Rights Reserved.