空室対策リフォーム

 

空室物件は今後も増加!?

日本では、人口が減少しいている一方で、収益物件が増加しているという実態があります。

需給のバランスは、郊外に行くほど大きくなり、東京郊外での空室率は15%前後にも達していると言われています。

 

相続税の基礎控除額が引き下げられて以降は、相続対策としての収益物件も増え続けており、今後も空室率上昇の懸念は払拭できそうにありません。

厳しくなる賃貸市場に備えて、今から準備しておくべきではないでしょうか。

 

一般的な空室対策

空室率を抑えるためには、物件の価値を上げる必要があります。

つまり、物件を借りる人達にとって、「他の物件よりもイイネ」と思われなければならないわけです。

 

これを実現するために、一般的には以下のような対策が講じられます。

  1. 賃料を下げる
  2. 原状回復リフォーム
  3. 設備の見直し

 

最新の空室対策

今後、空室対策については、『今まで以上の工夫やノウハウ』が必要になってきます。

オーナー様の多くは、管理会社に原状回復リフォームの手配を任せています。

 

しかし、その管理会社が「元の状態に戻せば良い」という感覚でリフォームを手配している場合、その物件の空室率はいつか上昇するでしょう。

また、管理会社側が空室対策への危機感を持っていたとしても、適切な料金で効果の高いデザインリフォームを手配できるかどうかは、また別の問題です。

 

ですから、今後、管理会社に任せっきりにする事が将来の空室リスクに繋がる可能性があります。

㈱TOMYでは、デザインリフォーム等の考え方や、低コストで優良なリフォームについて、オーナー様と情報共有をしながら進めていきます。

 

空室対策の具体例

ここでは、少し具体的に空室対策についてご紹介しておきたいと思います。

主要な方法としては以下の3つの方法があり、それぞれの『』が大変重要になります。

 

  1. 付加価値を付けるデザインリフォーム(低コスト)
  2. 客付け会社の選別と連携
  3. 入居者への独自メリットの付与

 

デザインリフォーム

退去者が出た場合、単純に原状回復リフォームをするだけでは物件価値が変わることはありません。

かといって、コストをかけすぎれば投資費用を回収するのに時間がかかります。

 

そこで、オーナー様と回収期間までの長さを明確に打ち合わせた上で、低コストで優良なデザインリフォームを行う業者を手配いたします。

このようなリフォーム業者の厳選によって、かける費用に対する効果を高くすることができるのです。

このようなメリットを得られることも、管理会社を変更する一つのメリットと言えると思います。

 

不動産会社との連携

物件を案内してくれる不動産会社の目線からすれば、管理会社の対応はとても重要なものです。

実際の所、業者には横柄で感じの悪い対応をする管理会社も存在します。

 

オーナー様に対してだけではなく、きちんと物件に関わる人達への対応をすることも大切な管理業務です。

そして、力のある営業マン等との連携も、空室対策として有効なものです。

 

㈱TOMYの管理物件では、空室率の最小化を実現しており、オーナー様からの催促を受けたことがありません。

是非、この機会に管理費用のコスト削減として、私達のご提案をご検討ください。

 

入居者への独自メリット

一般的な管理会社では、入居者募集の手配が終わると、あとは単純に家賃を回収するだけのルーティーンワークになります。

個別のトラブル等が無い限りは、基本的に何かするわけではありません。

 

㈱TOMYの管理サービスでは、その物件ごとに入居者に与えられるメリットを考案していきます。

例えば、物件募集の際、「管理会社による定期巡回、定期アンケートの実施有」等と表記できれば、物件にとってプラスな情報になります。

 

その他、新しい入居者へのサービス(付加価値)についてオーナー様にご提案させていただきます。

独自のノウハウを含む為、お問合せいただいたオーナー様にだけご提案させていただきます。

 

Copyright© 不動産管理と不動産売買のTOMY , 2020 All Rights Reserved.