不動産の処分は、売却査定と買い取り査定を使い分けよう!

近年、相続や遺品整理等の過程において不動産を売却したいと考える人達が増加しています。

元々、自分で購入した不動産ではない場合、価格にはそれほどこだわらず、手早く処分したいという需要もあります。

室内にある荷物や、家具等の処分も含めた売却査定を依頼される機会も増えてきました。

不動産売却をする際には、いくつかのコツを知っておくことで、売却後に得られる金額を増やす事ができます。

この記事では、不動産会社による正直な目線で、そんな不動産売却のポイントをご紹介していきたいと思います。

どんな売却手順がベストなのかを理解していただければ幸いです。

 

不動産を高く売るための知識

不動産を高い価格で売るには、『誰に売るか』が非常に重要です。

また、不動産には、マンション、戸建て、土地等、様々な形態があり、その種類によっても『誰に売るか』の選択が変わります。

 

最も高く買ってくれる相手は、一般の消費者(エンドユーザー)です。

しかし、一般の消費者が購入したいと思う物件は、予算が限られています。

ですから、面積の大きな物件や、高額な物件は、エンドユーザーに売るのが困難になるのです。

 

当社(株式会社TOMY)には、一部上場企業での仕入経験を持った担当者がいます。

意外に知られていませんが、このような人材の確保によって、普通の不動産業者では探す事のできない買い手を見つけることができます。

 

どこの不動産業者に売却しても同じだと思っている人もいるかもしれませんが、大手だからといって高く売れるわけではありません。

実は、町の小さな不動産業者の方が、高値で取引できる相手を知っている事もあるのです。

 

何故、小さな会社に売却を依頼する預けると良いのかについては、記事の中で具体的に説明していきたいと思います。

かなり売却価格が変わってくる話ですので、最後まで読んでみてください。

 

広い土地の売却

相続等で譲り受けた土地には、エンドユーザーには大きすぎる土地もありますよね。

また、高低差があり、造成等が必要になる土地も、エンドユーザーには売れにくいものです。

 

そんな「売りにくい土地」が、㈱TOMYの得意とする案件です。

どんなに広い土地でも、住宅が建つ土地であれば、必ず買い手を探すことができます。

 

しかも、不動産仕入れの世界に精通している為、最も高く購入してくれる相手を探せる可能性が高いです。

普通の不動産屋に依頼するのではなく、是非とも「売却が得意な会社」に任せてみてください。

 

独自のコネクションで高値売却を実現します!

今すぐ査定依頼してみる

 

ポイント

  • エンドユーザーが欲しがる土地は、大手不動産会社に依頼するのがオススメです(広告力があるため
  • 広い土地や、難のある土地は、㈱TOMYに査定依頼するのがオススメです(独自ルートがあるため

 

収益物件の売却

相続対策や土地活用等で建てた収益物件で悩む人は多いです。

税理士や不動産業者等のアドバイスに従って、言われるがままに建築した収益物件が、赤字の資産となっているケースです。

 

不動産投資の場合、周辺の相場や建築コスト等によって、当初の予定通りにはいかない場合があります。

そんな収益物件を持っている人は、「今後、この不動産をどうすべきか」という事で悩んでいます。

 

どんなに考えても、工夫をして満室にするか、少しでも高く売却するかの二択である場合が殆どです。

TOMYでは、このような収益物件の売却についても、複数の買取先をご紹介することができます。

また、買取価格が折り合わない場合は、一切費用はいただきませんし、キャンセル料などもかかりません。

お気軽にお問合せください。

 

マンションの売却

区分所有で保有している不動産(中古マンション)を売却する際、その査定価格には結構な差が出る可能性があります。

エンドユーザーに向けて販売をする場合には、「チラシ広告をどれだけ入れられるか」がポイントになります。

また、リフォーム等によって見栄えを良くする工夫も必要になる事が多いです。

このようなケースは、大手不動産会社や地域密着型の不動産業者等に任せるのが一番です。

 

しかし、「早く売りたい」とか、「荷物も一緒に処分したい」といった案件の場合には、㈱TOMYのような独自ルートを持つ業者に依頼するのがベストです。

一般的に、このような条件の売却案件は、安く叩かれてしまいます。

だからこそ、少しでも高く売る工夫や、独自の買取ルートが必要なのです。

 

このような案件の場合、リフォーム(リノベーション)をして販売する業者等の中から、最も高く値を付けてくれる相手を探すことが重要です。

大手にこのような案件を持ち込んでも、「物件価格が安く、儲からない案件」と思われてしまう事が多いと思います。

私達は、このような案件を得意としていますので、是非試してみていただきたいと思っております。

 

ポイント

  • エンドユーザーが買いそうな物件は、大手不動産会社へ持ち込みましょう!
  • 古い物件で、売れなそうな物件は、㈱TOMYに任せてみてください!

 

一戸建の売却

土地付き一戸建の場合、エンドユーザーに売れるなら、それが一番良いと思います。

そうでない場合は、戸建賃貸として貸すか、更地案件として買取業者へ売るかの二択になることが多いです。

 

エンドユーザーに売却するためには、広告を打つ必要がありますから、このような案件は大手に依頼するのがベストだと考えます。

一方、戸建賃貸や買取業者への売却の場合、普通の不動産屋にはないノウハウが必要になります。

東京近郊の案件であれば、どこでも取り扱いできますので、お気軽に㈱TOMYへご相談ください。

 

まとめ|株式会社TOMYの得意分野

私達のような街の不動産屋では、多額の広告費を投じてエンドユーザーを集客することができません。

これができるのは、大手不動産会社だけです。

うちに任せれば売れます」等と言うのは簡単ですが、顧客に迷惑をかけてまで仕事をとるのは間違いだと思っています。

 

正直に申し上げますが、戸建物件や、一般消費者向けの土地の売却なら、大手不動産業者に軍配が上がります

しかし、その一方で、マンションの売却や、広い土地の売却(相続案件等)については、大手に負けないルートを持っています。

 

大手不動産会社に勤めている営業マン達は、大学を卒業してからこの業界に入ってきた人達で、しかもエンドユーザーばかりを相手にする仕事をしています。

ですから、「不動産を高く買い取る業者」や、「仕入れ担当者とのコネ」等を持っていない人が多いのです。

 

仕入仲間の人脈を持つベテランの場合、仲間内での情報交換も多く、「少し無理をして買ってもらう」という事も可能になる場合があります。

最大の違いは、「今度、良い案件があったら最初に教えてあげるから」等といった関係が構築されていることです。

 

情報が命の商売なので、仕入案件の情報をもらえる相手に対しては、少し無理をしてくれるというわけです。

このようなネットワークを持っている会社と、そうでない会社では、皆さんが思っている以上に金額差が出ます。

最近の事例では、大手建築会社での査定額よりも700万円も高く売却できた事例もありました。

 

㈱TOMYでは、大きな土地の売却や、マンション・収益物件等の売却を得意としています。

査定を出すときには、是非その中の1社として検討してみてください。

 

HOME

-不動産ブログ

Copyright© 不動産管理と不動産売買のTOMY , 2020 All Rights Reserved.